温泉関連

湯河原 神谷温泉とは

奥湯河原の温泉は無色透明、お肌に優しく、トロリとした濃さが特徴です。
美肌の湯とも呼ばれ、優しく疲れを癒すお湯です。

当社では、所有する敷地内に3本の自家源泉を備え、湯河原町をはじめとする、
巨大スパ施設、リゾートマンション、個人別荘 等に
    トラックでの宅配、パイプラインでの供給 を行っております。


神谷温泉の泉質

湯河原温泉は江戸時代の番付で 東の前頭として君臨。豊富で良質な温泉は、草津・諏訪などと並んで非常に高い評価を得ておりました。徳川時代は将軍家へこの万病に効くという温泉を献納した記録もあり、今でも「湯かけ祭り」として語り継がれております。また、昭和の戦時下では傷を癒す湯として軍の高官などの静養の地として利用されるなど、関東屈指の知る人ぞ知る名湯なんです。

私どもはその湯河原の中の3本の源泉を神谷温泉として運営しておりますが、今日はその効能のお話も少し。神谷温泉の泉質は『ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉』というのが正式な呼び名です。とても長い名前ですが、一つずつ効能を説明していきましょう。
CEO  

☆塩化物泉
皮膚についた塩分が汗の蒸発を防ぐため保温効果が高く、筋肉痛やリウマチに有効とされています。

☆硫酸塩泉
硫酸塩泉の中に含まれるナトリウムは高血圧、動脈硬化症、肥満症に、そしてカルシウムは打ち身、外傷など「傷」に有効と言われております。
【泉 質】
ナトリウム カルシウムー塩化物泉 (弱アルカリ性・低張性高温泉)PH 8.2成分総計1,855mg/kg

【効 能】
・神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺
・関節のこわばり・うちみ・くじき
・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期
・疲労回復・健康増進・切り傷・やけど
・慢性皮膚病・虚弱体質・慢性婦人病


所有源泉所在地

 75号 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上字上野773-151
164号 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上字上野773-267
165号 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上 字上野773-293